任意整理手続きの流れ

任意整理の手続きは債権者と債務者で話し合い、交渉をして、和解契約を締結するという手続きです。

では任意整理はどのような流れで進んでいくのでしょうか。

この記事では、任意整理手続きの流れについて解説していきます。

任意整理手続きにかかる期間

任意整理の手続きは、最短でも3ヶ月はかかります。

弁護士や司法書士は債務者から任意整理の手続きを依頼されると、書類を作成し、各債権者と交渉します。

最終合意が得られたら承諾書を作成し、最終的に和解の締結をします。

任意整理後の返済期間は大体3〜5年です。

弁護士や司法書士などの専門家に相談、依頼

任意整理をしようと決めたらまず、弁護士や司法書士などの専門家に相談をします。

  • 債務や財産の状況、収入
  • 家計の状況
  • 債権者である貸金業者、取引の期間
  • 現在の残高

などを見て任意整理が可能かどうかを教えてくれます。

任意整理が可能だった場合は弁護士に依頼し、任意整理の委任契約を締結します。

受任通知を送付する

弁護士は依頼を受けたあと、各債権者に対して受任通知を送付してくれます。

この弁護士による受任通知の送付によって、債権者からの直接の取立てが停止されます。

受任通知送付以降は、債権者との間で話がまとまるまで返済を停止します。

引き直し計算する

貸金業者から取引履歴の開示を受けたら、それを基にして引き直し計算をすることで正確な借金の総額が確認できます。

そこで過払い金が発生していると確認された場合は、過払い金の請求なども可能です。

取引履歴の開示は基本的にすぐ行われますが、業者によっては2か月近くかかる場合もあります。

開示がなされなかった場合には再度開示を請求、または、その他の資料に基づいて推定計算を行います。

弁済原資金の積立て開始

将来の弁済に備えて弁済原資金を積み立てておきます。

積み立てられた弁済原資金は弁護士費用等を差し引き、各債権者に対する弁済の頭金などになります。

和解案の作成・送付

ある程度の弁済原資金が積み立てられたら、任意整理における返済条件を定める和解案を作成します。

通常であれば36回以上の分割払いや、利息のカットなどを定め、作成した和解案は各債権者に送付されます。

和解交渉

作成・送付した和解案をもとに各債権者と交渉します。

分割払いの回数や利息のカットにどこまで応じてくれるかは貸金業者によって異なります。

特定調停

交渉が上手く進まない場合には裁判所の特定調停をする場合もあります。

特定調停をすれば裁判所がその和解案に沿った決定を出してくれることがあります。

和解契約の締結

債権者との間で話がまとまったら和解契約を締結し、和解書を取り交わします。

この和解書によって、任意整理に決定的な法的効力を持たせることができるのです。

和解に基づく返済

和解契約が成立したら、和解契約の内容に基づいて返済をしていきます。

支払方法は債務者が自分で支払っていく方法と、弁護士等が代理して支払っていく方法があります。

基本的には、債権者が指定した銀行口座に債務者が振り込む方法が通常です。

支払い方法については弁護士によって異なりますので、事前に確認しましょう。

まとめ

他の債務整理に比べて任意整理は早く手続きが終わります。

債務の返済額や返済期間は債権者との交渉力で変わります。

トラブルなくスムーズに手続きをされたい方は弁護士などの専門家に頼りましょう。